Socket

受け口(下顎前突)

About Socket

受け口(下顎前突)とは

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。

前から見た歯列

横から見た歯列

Cause

受け口(下顎前突)の原因

歯の萌えてくる角度によるもの、遺伝的な要因や下顎骨の過成長や上顎骨の劣成長による骨格的な理由が原因で起こります。

上の前歯が内側に向いてしまっているため、受け口に見える

下顎骨の過成長
(下顎骨は前下方に成長して、受け口になる)

Topics

トピックス

受け口を放置するリスクとは

物が噛みにくかったり、発音や見た目に影響が出る場合があります。骨格的な原因の場合、身長の伸びが止まるまで下顎も成長するので注意深く経過を観ることも大切です。

Treatment

受け口(下顎前突)の治療法

状態によりますが、歯を抜いて治療する場合が多いです。歯を抜いたスペースを利用して下の歯を引っ込めていきます。骨格的な問題で見た目も気になる場合は手術が必要になる場合があります。その場合は専門の医療機関へ受診をお願いすることがあります。

お子さまが受け口の場合、早期発見早期治療が望ましいです。
矯正治療をするしないにかかわらず、まず矯正の専門医を受診してください。

成人の方で受け口の場合、手術をせずに治る場合と手術をしなければ治らない場合があります。
歯科医師によっても治療方法の診断が分かれます。ご自身にとって最良の方法をじっくりと医師と相談されることをおススメします。